【お金が増えない根本理由】富豪から聞いた受け入れがたい真実

お金を増やす必要性

収入アップにあらゆる方法も提示されている、考え方も提示されている、でも増えていかないんだって言うじゃないですか。
この人たちにすごく必要なものっていうのは、何かというと、僕のこれ体験なんですけども『必要性』なんですよ。

収入を増やす必要性

ピンと来ないかも知しれませんけれども、必ずそのお金を用意する必要があるっていうことですね。
現在、大成功されている実業家、経営者みたいな人が昔実は親の大借金を抱えていたとか、そういうことってたまに聞くじゃないですか。
自分が成人する頃にはもう親の借金が億もあってそれをもうとにかく返すうちにビジネスが成り立っていたっていう。
これこの人からするとその3億だったり4億だったりという負債を返す必要性がある、返さなければもういけないというようなもう枠組みの中に入っちゃったわけです。

そこに対して必要性があるからやっていくうちにビジネスが拡大していたっていうことがあるんです。

だからそれぞれに成功している人まあいわゆる経済的な成功してる人っていうのは借金を抱えているところから、這い上がったりとか
極貧生活でこれは食べたい、あれが食べたい、自分もこんなどこ行ってみたいっていう気持ちがものすごく強くて、そっちに移っていったというかね
行動ができるようになったっていう話が非常によくあるんです。

繰り返しになりますが稼ぐ方法だったりとかいわゆるのお仕事の種類っていうのは検索とかければめっちゃくちゃ出てくるわけですよね
実際にアルバイトをするとかいろんな方法がありますけれども、その一つの必要性に応じてやっぱり自分で決断して行動してるんですよね。

例えばお父さんの稼ぎがまあ多分25万くらいで、でまぁ子供が学校に行ったりするからも本当にプラス5万円でも通りがならないかなというところで、+5万っていう必要性が出てくるわけで、そうするとその5マンをどうにかしたいって事でおかあさんがパートに出たりする。
これ必要性が埋まってるわけですね。
だからか実にこの5万って必要性はパートに出るのにして入ってくるということになるわけです。だからその入っていく金額の大小っていうのは必要性の大小なんですよね。
だからそれが私利私欲的なものでもいいですし社会貢献のためでもなんでもいいんですけれども、自分がこの金額必要っていうところ本当に腹からそれが必要だと思ったら、稼ぐ方法なんていっぱいあるわけでですし、たくさん稼いでる人なんてごまんといるわけですから、本当にお願いします教えてくださいと儲かるようになったら是非お礼させて頂きますのでって言って、本当にその人をやる気があったりね、吸収する気持ちがあるんだったらじゃあちょっと教えてやろうかなぁなんていうふうになる人いっぱいいるんですよね。
教えたい人たくさんいます。稼ぐ方法はたくさんある。

問題は結果が出るまで工夫し続けられるかが重要(つまり達成しなければいけない必要性)

ここが必要性が一番土台に支えてくるものだというふうに思うんですよね
実際僕自身もこの話をメンターにされた時があったんですけど、まぁどんな状況だったかっていうと、起業してから確か半年ぐらいだと思うんですけどもその時ぐらいにようやく30万くらい稼げるようになったんですよね。
で実際そこから1か月2か月と7ヶ月8ヶ月とまやっていったわけですけども一向に収入が伸びていかない。
新しい例えばブログを立ち上げたらそこでたとえば5万円儲かったら今までの収入に5万円+で入って来ると思ってたんですよね。まあ普通に考えたらそうですよね。
2つブログをやっていて30万円稼げてるともう一個新しいブログやって来は5万円稼いだら、+5万になるのは当然だと思うんですけど、こっちの2つのもともとあったブログの売り上げがちょっと下がって5万入ってもほとんど変わらないという状況が1、2ヶ月続いたんですよね。
まぁそこはお金のまあセルフイメージとかっていう話があるんで話したいなと思うんですけれど、メンターに相談したのは自分収入増やしたいんですっていう話をして、そしたら言われたんですよ。

ビジネスを始めるときにどんな必要性を意図したの?って言われたんです。

で僕はまあ普通に自分自身こう結婚もしたいし子どもを育てたいという中で、まあ僕自身がね高校も中退3つしてて、全然仕事先もなかったので自分でどうにかするしかない、好きな彼女と子供作って幸せな家庭を作りたいっていうもとにかくその一心で起業したんです。
その時相談した時はまぁだいたい30万いくかいかないかぐらいの収入だったんですけれども、その時メンターに言われたんですね、30万ぐらいどうにかなるんじゃないの?って

で考えたらまあ切り詰めたらまあできるなぁと思ったんですね。

そしたら、おめでとうゴール出すねって言われたんですよ。

最初の意図が結果に影響する

そのメンターは、最初の意図がすべての現実を作るからねっていうこと言ったんですけれども、本当にその通りだなあって、自分の意図したとおりになると思ったんです
その時、でも僕、増やしたいんですよね、という話をしたら、必要性を挙げていこうって話になって、いろいろと話して言って増やしていったんですよね。
例えば僕が見えていなかったところっていうと、奥さんだってお化粧品買ったりとかあれば髪の毛を綺麗にしたいとか、バーに行ったり、エステに行きたいとかっていうこともあるかもしれない、友達と遊びに行きたいとかね。
あるいはもっと言うと奥さんのお父さんとお母さんの誕生日に何か買ってあげたりとかね
友達がなんかそういうサプライズでね、誕生パーティやるからそこにプレゼントを持って行ってあげたいとか、そういうことまで考えたらやっぱり30万じゃあ結構難しいんですよね。

奥さんにずっとね愛されていたいって考えいたら、例えばね奥さんのとうさんおかあさんが誕生日が来たと言った時に
まあ専業主婦やってたとしたらねちょっとプレゼントでも何か買ってあげようかって言って
奥さんに例えばいくらか私てねこれで何か買ってあげてっていうこともできるし、一緒にかうってこともできるじゃないですか
あるいはその本人がね美容室とかまぁ月に1回とか2ヵ月に1回とか行きたいにしたって
カラーとかトリートいるのか入れたらやっぱり1万、2万普通にはするわけですよね
そこを出してあげることによってまあ僕自身の小遣いが減るなっていう現実があったけど
僕はね賛否両論あると思うんですけどもお酒結構好きなので数千円するようなウイスキーとかっていうのをちびちび飲むのが好きなんですよね。
だけども例えばお小遣い制の中で奥さんもまあ苦労してるっていう状況の中でパツパツの状況で例えば山崎とかね響を買って来られたら、奥さんからすると、そんな使うお金があるんだったらもうちょっとせ千いくらの安いウイスキーにするとか、あるいはもうお酒止めてよってなるじゃないですかこれ当然の感覚だと思うんですよね。
じゃあそうなってくると、もしかしたらそのお金っていうものの苦労によって、ちょっとギスギスする可能性があるなと思ったんで、それは嫌だなと、絶対この今状態を抜け出さないとなというふうに思って、じゃあ何にいくら使うって作業、出口を作るっていう作業を始めたんですよね。

出口を作る(使い道の明確化)

まあ奥さんのねお父さんお母さんにプレゼントとかこうとか
美容室代がこうで奥さんだけじゃなくてね僕もこういうお酒を買いたいなぁとか、こういうクルマ乗りたいとか
あとは家庭円満という意味でもねまぁ年にどれぐらい旅行にいく予算を立てていこうかとか、
車の車検は行くら掛かる、毎月に分散したらいくらかかるだろうかとか
奥さんの携帯代金も忘れていたとかね。色んなことを書き出していったですね。

でその時に書き出した金額はいくらっていうのはあるんですけども、これね言っちゃうとすごい面白いんですけど、この話を聞いている一部の人あなたは違うと思いますけれども、一部の人はああ小林さん何10万って言ったんだとか100万って言ったんだ、あっじゃあ自分も100万でみたいになっちゃう人がいる。

これ頭が動いてないから、脳みそがそれ欲しいてないから無理なんですよね。
だからご自身の中でしっかりとその必要性っての書き出して何にいくら使うかっていうその出口って部分を明確にするってことなんです。
で明確にし終えたかどうかそれが手に入るか否かサインっていうのがあるんですけど、これ結構つらいんです
なんでかっていうとたとえばですよ今あなたが月収30マンなどしますこの人が月収200万なったとします
といったらこれが手に入るまでのプロセスとしてこの必要性が出てきたんですけど、必要性に目覚めた瞬間どうなのかというと、
この今月30万円の給料っていうのが居心地悪くなるんです。

無理です。200万必要ってなっちゃったら、うん200万はないと無理だ、みたいな感じで。
200万が手に入ったらあーよかったってぐらいで、やったーじゃないんですよね。
必要だから、ああよかった、これで自分らしく生きられる、みたいな感じですよね。
だから居心地が悪くなる自分の現状に対して居心地が悪くなるっていうのが非常に大きな一つのサイン、合図かなと思いますよね。
こういう本質的な話っていうのは、そうかも?って思えるか、いやいやそう言ったって、とかね、あるいはそんなマインド論でなくてノウハウを教えてくれよとか、いろんな感じ方とかがあると思うんですね。

この本質っていうものにピンとくる人、僕はこの人本当にセンスがいいと思ってるんですけども、本質さえ埋まればあとは必要なんだから入っていくんですよ。
これ引き寄せの法則とかそういうちょっとスピリチュアル的な言い方をしてるんじゃなくて、200万必要って仮にパーンと思ったんだったらどうやってやれば出来るかって勝手にセンサーが動くんですよ。
そうすると脳みそが目や耳や口を使ってね色んな情報収集をし始めるわけです。
じゃあ youtube いいかもとかね twitter いいかも、いや私はアクセサリー作れるからハンドメイドのアクセサリーをねこういうクリームとかで売ってみようかなとかそういうふうになってくるんで、必要性さえ決まればこれ自然ともう集まってくる。逆にとその必要性がない状態にテクニックとか教えてもなんかモチベが続かないんですって話になってくるんです。それは当然なんで。

今別に困ってないから本当に多くの人が例えば+5万ほしいですかっていうのはそれはほしいですと、もちろんプラス1万円でもほしい、くれるんだったらもらいたいですよね。

だけれどもそれが増えていかないっていうのは実際問題必要性がないということだし、その証拠に今皆さん生きてるじゃないですかっていうことなんです。
もっと言うとこのインターネットを通じてこういうyoutubeを通して色々動画みたりできるわけじゃないですか、実際にそう言ってネット環境があってスマホだったねパソコンだったりタブレットがあってこうやってこうネット通信できる状態にあるということをね決して世界的に見てまぁやばい状況じゃないじゃないですか、それなりに恵まれてるわけですよ。もっというと脳みそっていうかね意識そのものっていうかそういうものはあんまり実は贅沢必要ないっての感覚的には思っていて、こうやって youtube とか見てるだけでもう全然お金使わずに楽しいしとかって全然納得してる部分があるんですよ。
だから、例えば月給15万円のアルバイトの人が自分はもっともっと増やしたいって思うから、増やしたいか?って言われたら、増やしたいですと言うと思うんですよ。でも心でではこのままで別にいいかなと思ってるっていう部分を持っているというか、まぁ感じちゃってるっていうところなんですよね

でも僕自身がこうやって伝えているのは何かっていうと僕自身やっぱりこういう知識、知恵というものに触れたり本質ってものを触れたりすることで人生が大きく変わって結果的には自分の本心が変わったってことになると思うんですけども、やって良かったんですよね
当時も楽しかったし貧乏だったけどねすごい楽しかったし孤独だったけどそれらに夢を持ってワクワクしていた
で結婚し今ものやりがいがある仕事があって楽しみ方全然違うんだけども、どっちを選びますかって言ったらやっぱり今の方がいい
あって思うんですよね。だからやっぱり人って自分の知らない世界は知ったりとかそういう欲しいって言ってるのに、いや腹では必要性ないかなとかっていう本質的なそういうマインド話とかされて、自分が変容していく事っていうのに、僕はそういう分野があったことに対して感謝しているので、そういう意味で人をケアするような動画とかねこれからもとっていきたいと思っているわけですけどね。
話がちょっと逸れました今日の話っていうのは収入アップのために最も必要な大事な事っていうことなんですけれどもすごく重要になってくるのは稼ぎ方かな人脈かな、いや全部違って必要性
これが必要っていうそこの腹の決まり方が一番、すべてにおいて影響を与えていきます。

この記事を書いた人