【108チケット】シリーズ適切性と一致する④その4

目次

もしもしたん

『ここでの適切性って何だろう』って仕事行く前、思ったら作業が30分ぐらい早く終わったりしてました。
そこを疑いますとただ私自身はまだコントロールしようとしてるし
現象化の大小を決めがちなので、えげつない状況になり、起こっている不満に思ったりしてしまいます。
その時こそ適切性ってなんだろうって立ち返ると解決してる気がします。
騒いだわりにはを終わっているし、あれってなります。最上級の技です。何にもしなくていいし、思ってもいいし、苦しんでもいいし、だって起きてないんですから。ここ行きたい。

108さん回答

もう行ってるんじゃないですか?行きつつありますよ。まさにそうなんですよね。
えげつない状況になった、起こったりした時も、そこでもこの適切性ってなんだってやればいいわけですよ。
そこで別のことしなくていいわけです。
やっていること同じですよね。それだけやってればおっしゃってるように解決したりするわけなんです。
最上級っていうかね、今のところも108史上最強のメソッドじゃないですけどね。技という感じですね

お笑い翡翠さん

もともと充足しかないのにその充足を味わおうとして我々自身が不足を作り出しているということだと思うのですが
これは量子論的な考え方、そう思いこめばそうなるに捉え直すともともと充足感しかないのにその感覚を
味わおうとして我々自身が不足感を作り出しているということになるんでしょうかねえ。
なのでただ単に充足感、満足感にいる感覚に浸っている自分を演じていればそれでいい。
そうすればやがてそのような現実が現れてくる。

108さん回答

演じていればっていうのがちょっとひっかかりますが、ただまぁ向きをそっちに向けることには一役買うかもしれないですね。
演じるって事はね、本当にそうなのかもって思った方がいいような気もしますからね。
演じてるだと、嘘ついてる見たいな感覚がある、ニュアンスがあるじゃないですか。
ほんとは違うけどみたいな。
違わないんだよって、違わないかもしれないよということを考慮したほうがいいと思いますね。

量子論的なところともね、ちょっとかぶってくるからその捉え方はしたくなると思うんですが、あんまりその複雑に捉えないほうがいいと思います。
単純に考えた方がいいと思いますね。
シンプルにシンプルに考えていくことですよね。
あんまり複雑になると、解釈したくなると思うんですけれどもそれ始めると、本質のところから離れていっちゃうので適切性だけでいいですよね。
何だろうって意識しとけばちょっと充足になるんで。
もうそれでいいじゃんっていうことですね。
そこにいろいろ付け足したりして解釈でしたら違ったことになってくるやらないほうがいいですねと思いますけどね。
ただ単に充足感に浸ればいいですね。
浸ってる自分演じるというか充足は多分目の前にあると思うんですよね。
ちっちゃなことでもちょっとしたことでも充足を感じられることってあるでしょう。
それを謳歌していくことですよね。

さっきも言ったみたいに、それはもうゴールなんですよということなんです。
そのときはもうやがてあらわれてくるではなく、今体験していることがそれですよっていうことですね。
それがゴールなので全部含まれてますよっていう。

ma さん

108はさんに質問させていただきます
不足を疑う視点で荷を下ろせなかったので、不足を疑うがうまくいったのか適切性と一致てきたのかわからないけど半年以上音信不通で復縁したい元彼から連絡が来ました。適切性は何だろうと意識するだけでいいのでとっても楽だし、少し良いことが起こり始めたので、本当にハードル低い最強だなって実感していたし、元彼が連絡が来てからも続けていました。
でも、元彼となかよく会話できていたけど少し喧嘩みたいになって拒絶されて lineも twitter もブロックされて絶望的な状況になってしまいました。
今も続けてるけど全然充足になりません。私はなぜ上手くいかないのでしょうか、あと彼とのことは気になった時にこの状況の適切性は何だろうとか?、この問題に対する適切性は何だろう?とか、彼に対する適切性は何だろう?と意識してるんですけど、これでいいのでしょうか。

具体的にどういう言葉で意識するといいのか迷う時が有るので教えていただきたいです。

108さん回答

適切性と一致したら音信不通の彼から連絡があったんですね、復縁したいね。まさに充足ですね。
まず適切性と一致したことでよくてきたと思うんですけども、その後たぶんね、この充足を維持したいみたいな感じになっ
ちゃったと思うんですね。でそのために、適正性を使おうみたいな感じになっちゃったんじゃないかなあと恐らく思います。
多分そのもうね恐れから来てるわけですね
このそこの適切性と一致しようっていうのはもうそれを意識することじゃなくて、これでね、彼との仲を良好に保とうというみたないな感じに、それに貢献させようみたいな感じになっちゃったから適切性と一致はどっかにいっちゃったんだと思います。適切性と一致は今この瞬間の自分にとっての完璧な充足になる形がどの瞬間にもあるんで、それと一致るを意識するだけのことなんですね

そこに彼とのとか関係がだとか入ってこないわけなんです。無関係です。
結果的にそのによってそうなるけれども。
結果としてそのそのためにやることじゃないんですね。
その問いが間違ってるというね。
彼に対する適切性ってなんだろう、ということじゃないんです。
この状況だ適切なんだろうということじゃなくて、今ここでの自分にとっての完璧な形の適切性って何だろう、それと一致したいな、ということなんで、なんかターゲットに対してそのための、自分のために、じゃないんですよ。
そもそも捉えていることが違う。
それちょっとやめていってくださいね。
単に今ここでの自分の適正性に一致したいだけなんですね。その一致すれば充足になるんです。
ということはどうなるかといったら対立はそこで消えるということなんで、結果的にですよ。
今彼との関係をコントロールすようなことではないんですね、その充足性をもたらすために適切性と一致するというのは矛盾することになってきます。
ではなくて、大事なのは自分がここでの自分の適切性に一致しよう、それ彼の適切性じゃないです、自分の適切性です。
自分が充足になる形です。それがどの瞬間もどの場所にもあるんだからそれと一致しよう、その瞬間思えばそれを意識され
るって事なんでね。
で結果的にはそこは消えると思うんですが、その関連させないことです。
その次元の話じゃないんですよ現時点の話ではないなくなってくるので、別次元の話ですと言ってますけど、そういうことなんで
そっちを意識するということですね。

33さん

この世はこういうものであるという自分の思いによって、私たちは現実を作り上げているのだと思います。この3次元の現実は私の考えの結果にすぎないように感じました。臨死体験をされたアニータムーアジャーニーが書かれた本に書かれていたのを読んで108さんも同じようなことを言われているので、臨死体験されたことがあるのではないかと思ってしまったのでそれどうなんでしょうか?ってことです

108さん回答

アニータムーアジャーニーさんはちょっと存じ上げませんけど。
臨死体験とかとかしたことないですよ。
そのね臨死体験よくありますよね、たまにありますよね。
臨死体験っていうかそもそもね違うんですって話なんですよ、言っちゃえば。
言ったらその臨死体験みたいなことになったときに、何かその気づきがこの方にあったのかもしれないけれども、アニータムーアジャーニー、臨死体験したと思っているけど、それ違うんです。
それがそもそも臨死じゃねぇしって話なんですけどね。あんまり詳しくいってどうなのかなと思うんですか死がないのでね、だからその臨死体験とかしなくてもそういうことは分かりますよっていう話だし自分の思いで現実を作り上げているっていうか、そう言ってそういう幻想を見ているってことなんですね、自分の考えに従った、に合致した、そこに不足が存在する現実を、その幻想で見ているだけなんですね。
考える結果っちゃそういうことも言えます。
けども考えは何も作ってないんでね。幻想なんで。
例えば夢見た時に悪夢みたけどこれ私の考えの結果において悪夢を見たということはないでしょ。
なんか気に病んでたりしたら、それによってその悪夢をみるかもしれないけれども、それによって、なんかその悪夢を想像した、みたいなことではないんです。
ただ気にしてたからそういう幻覚を見たみたいな話なんですね。
ちょっとアニータさんの本を読んでないのでよくわかりませんけども、臨死というか、実際に死ねば死はないということはわかるので、死んで帰って来た人はいないので、なかなかそこにはわからないと思うんですが。

syさん

主へのリクエスト、肩の荷を下ろす、適切性に一致、これら意識して今から今まで保持していた観念が落ちたり思考が変わっていくのも感じています。アップデートされているような感覚です。悩まれている方はエゴダンスを休止し、神羅万象にゆだねて、起きることすべて思考の変化も受け入れていくとスムーズにいっかも知れません。

108さん回答

ということでね、すばらしいですね。syさんだからそれもう実感されてるって事ですね。
まずそうなんですね。だからいままでこの近視眼的にエゴの視点で見てたのが、そこから取れ離れていくから、エゴの視点で焦点があわせていた不足ってのはどんどん見えなくなっていく、体験していた幻覚を見なくなって言ってる。楽になっているって言っている、素晴らしいことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる