【108チケット】第七章と向きに対する疑問への回答

まずね1個目の質問です。

チケットみましたがいまいち理解できないこと
感情思考は関係ない。立ち位置、意図ってことでしたよね。
でも振動すると一緒のものしか体験できないなら、ネガティブな感情の人には体験できないということになりますよね。
チケットなどもこの技もやっぱり出てくるここから動きたいのにって言う。

こういうご質問というか意見なんです。
ネガティブな感情には体験できないということになりますよね。

ネガティブな感情になってるって事はネガティブな向きを向いているということです。
ちょっとこれは向きの話になっちゃいますよね。
振動数でもいけますけど、向きの方で聞いてきていらっしゃるので、向きで応えます。
ネガティブな感情だから駄目っていうより、ネガティブな感情イコール、今向きがネガティブなものに向いてる。
意図がというより、立ち位置が、向きが、ネガティブっていうことです。
ネガティブな方向を向いてんだから、ネガティブしか体験できなかった。
当たり前じゃないですかって言ってますよね、ずっと。

その動画でも言っていると思いますが、youtubeの動画で。
こっち向いたら影だったら影、太陽の温かい方を見たら、温かさと明かりがいいな、ってなるんだ。
それはそっち向いてるからで、いいなーってなってるから、太陽を作った、出現してるわけじゃない、
っていうことを言ったじゃないですか
その感情が作っちゃうわけでもなんでもない、ただ単にサインですよ。感情ナビですよ。
どっち向いているか教えてくれてるもんですよ、という話をしましたね

こう考えてるんじゃないかな。
チケットは自分で立ち位置はこうだって決めたら、意図したら、もう全然自分がどんな感情でも関係ないって言ってるじゃないか、7章で。
何も考えても、何を感じていても、幸せを体験していいって言っている。
その感情、思考関係なくないじゃんそれじゃあ、とおっしゃりたいと思うんです。

これは語る価値ありますよ。
そういう風に誤解されてる方もいらっしゃると思います。
チケット7章で言っていることははその通りです。どんな感情だって、感情も思考も関係ないですからね。どんな現実を体験するかに関しては、それが作ってるわけじゃないから関係ないんです。
まぁこんな思考してるからこれを体験しなきゃいけない、ということはないんです。
この思考が現実化しちゃう、じゃないです。
この感情は現実化しちゃう、じゃないです。
そんなことはないんです。

だから、どんなことを感じていようが、あなたは幸せを体験していけるんだということです
真実の観点がしてるし、エゴの観点だとしても物理現実内の不正プログラム内のあなただとしても、そう思ってても、それをその通りに経験しなくても、あなたは幸せを、それとも無関係に経験していいんですよということです、7章は。

なのにこの方が言ってるのは、じゃあでもネガティブになってたらダメなんじゃんっていうことをおっしゃりたいんでしょうね、矛盾してるじゃん、っていうのはそういうことです
わからないっていうのはそういうことだと思うんですが、
7章でそう書いたのは
本当にその原理を書いてるわけなんです
あなたがネガティブな感情を感じたからダメだって思ってるから、そっちを向いちゃうんだよ、ということです
このネガティブな感情が現実化すると思っちゃってるから、もうこのネガティブな感情を今感じてるから
それが現実化しちゃうんだろうなぁ、とか、ネガティブな思考してるから現実化しちゃうんだろうなと思ってるから、そうなんだ。
そっちを見ちゃってるその時。でもそれがネガティブな思考とか感情を感じたり考えたりしたけど関係ないんだって言えば、そうと関係なく『向き』を変えるわけです
今ネガティブな思考しちゃったーーーー現実化しちゃったらどうしようって思ってる時は、『向き』はそちらのわけですね

でも、ネガティブな思考しちゃったけど無関係だったんだな、と思って向きが充足にに向けば充足に。
全く関係なくなったわけです。7章で言っている通りでしょう。その通りでしょう。矛盾してないでしょ。
感情も一緒です。
ネガティブになってるから、その通りの現実なんだろうなぁじゃなくて、ネガティブな感情を感じちゃった、でも関係なく充足を体験できるんだ、幸せになってもいいんだって、思えば、もう向きが充足になるから充足を体験するんです。

この記事を書いた人